『人類』の試み
-----15万年前のイブの目指したもの-----

1. 15万年前のイブ?
  人類の祖先を たどっていくと、15万年前の 一人の女性に たどり着きます。
なぜ そんなことが 分かるか というと、細胞の中に ミトコンドリアというものが
ありますが、これが、代々 女性から 子供に 伝わる仕組みに なっているからです。
  父親と母親が いないと 子供は 出来ませんが、ミトコンドリアは 必ず 
母親からの ものです。ミトコンドリアの 中にも 遺伝子が あって その遺伝子の
組み合わせが 遺伝する時に 少しずつ変化して 現代に いたっています。
変化の経過を 逆にたどると たった一つの ミトコンドリアの 遺伝子パターンに
なるという ことなのです。
       余談ですが、日本人は ミトコンドリアの パターンでいうと 
       大きく分けて 9タイプに 分類される そうです。
       どこを 通って 日本に 来たのか という事まで 分かって きています。
       あちこちから、違う 経路で 日本に やってきている ようです。
       日本人は 決して単一の 民族では ありません。

       さらに 余談ですが、ミトコンドリアも 大昔は生物でした。
       単細胞生物だった のでしょうが、合体して 細胞の一部に なったのです。
       合体といえば、細胞核も 他の生物の 中に入った ほかの生物だそうです。
       人間の細胞も 他の動物の細胞も、核を もっているタイプの ものは
       合体の産物です。
       生物って不思議です。

さて、イブですが、ミトコンドリアで たどると 15万年前アフリカの どこかにいた
一人の女性に 行き当たる ということ なのです。
だから それまでの 有名な(有名じゃないかな?)
          ジャワ原人
          北京原人
          オーストラロピテクス
          クロマニョン人
なんていうのは、人類に よく似た 滅んで しまった種族なのです。

ある時 突然、イブは登場したのです。
今の 世の中の 人間は、イブの 子孫しか いないのです。
イブの子供に、男の子も いたはずです。でもその子孫は、いないのです。
なぜかというと、男の子の 子供のミトコンドリアは、相手の女性の もののはずです。
でも、現代の人間の ミトコンドリアは、イブのものから 変化したタイプしか 
ないのです。イブのものとは 違うタイプの ミトコンドリアは、無いのです。
不思議です。
だから、あるとき突然、人類は出現した ということです。

2. 人間の 変わった ところ
 実は人間は、生き物としては 変なのです。変わっている点は、3つあります。

その1――年中生殖可能なこと
    たいていの 哺乳類では、繁殖期が 決まっています。
    小型の ネズミのような 寿命の短い ものでは
    年中 生殖可能の ものも います。
    でも、大型の 哺乳類では、そんなことは ありません。
    繁殖に 有利な 時期を 選んでいます。
    なのに人類は、いつでも 生殖可能なのです。
    季節に関係なく 育てられるように なったという ことで しょうか?
    それならば、子供の 生存確率が 高い ということ なので、
    繁殖率を 下げないと いけません。
    生存確率の 高い動物は、たくさん 子供を 作りません。
    いつも 生殖可能では いけないのです。
    過剰に 繁殖するのは、自分の 首を しめるからです。
    それなのに なぜ??

その2――体に 装飾が ついているのが、女性で あること
    すべての生物で、余分な 装飾が ついているのは オス(男性)なのです。
    それは なぜか というと、メス(女性)は、繁殖のために 多大な労力を
    必要と するので、それ以外の 余分なことは 出来るだけ 省きたいからです。
    体の大きさが メスのほうが 大きい生物も います。
    でも それは 大きいだけで、余分なものは ついていません。
    それなのに、人間は違うのです。余分なものが ついています。

    余分なもの というのは、生物として 必要不可欠でないものを さします。
      たとえば、胸のふくらみ
            腰のくびれ
            ヒップの丸み
                 などです。
    おまけに 人間では、女性の 皮膚のほうが 薄いのです。
    その方が 透明感が あるのですが、皮膚が 弱くなります。
    そんなことまで 犠牲にして いるのです。
    
その3−一夫一婦制(一雄一雌制)を とっていること
    鳥などは ほとんど 一夫一婦制 ですが、
    哺乳類は 全体の 3%ほどしか 一夫一婦制を とっていません。
    それも ネズミなどの ゲッ歯目に 多いのです。
    余談ですが、
    ネズミなどは、交尾をすると 不思議なことが おきます。
    メスは、オスのことが 好きになるホルモンが 出るのです。
    オスは、強くなります。
    テリトリーを 守ろうとする 意識が強く、他のネズミに 対しても
    攻撃的に なります。
    人間に ついては、そんなことが 起きてるかどうか
    今のところ 判らない ようです。

  生物学の一般論として
    メス(女性)の方が、繁殖に 関して 多大な 労力を つかいます。
    胎児を おなかの中で 成長させ 出産するタイプの 生物は もちろん、
    卵を産む タイプの生物でも、卵子を つくる方が 精子を つくるより
    百倍は大変です。
    ですから、メス(女性)は、余分なエネルギーを 装飾に 使わないのです。
    オス(男性)は逆に、精子を つくるしか 仕事が無いので、装飾をつけるのは
    造作も 無いことです。
    生殖・繁殖の原理として、労力を 使うほうが 選ぶ 権利が あります。
    だから、メス(女性)が、オス(男性)を 選ぶのが 普通です。
    ですので、選ばれる側は 一生懸命 飾りを つけるわけです。
    これが 普通の原則です。

    でも、人間は おかしいのです。
    選ぶのは 女性なんですが、(そうだと 思うのですが)
    どうなって いるんでしょう?
    ここからは、私の 独断・偏見なのですが
    イブは、男性を 上手に 操ろうと,利用しようと したのでは ないかと
    思います。
    そのために 常に セックスアピールを して、常に 性交渉可能な 
    ようにして 男性が ウロウロ周りを うろつくように 
    したのでは ないで しょうか?
    男性(オス)が、女性(メス)の気を 引こうと して
    貢物(みつぎもの)を するのは、他の動物でも 一般的な ことです。
    人間でも 同じ事が 行われています。
    イブは、それを 利用して いるのでは ないかと、思われるのです。
    男性に 常に 貢物を させることで、生活の 安定に 利用しようと 
    しているのです。
    賢い方法と いえると 思いますが、
    どのようにして イブは 可能に したので しょうか?
    ある日 突然なので しょうか?
    不思議です。

    以上の 事を まとめると、
      女性が 男性を 選ぶのが 基本。
            (他の動物と同じ。) 
         ・男性が、常に 女性の周りを うろつくような
          仕組みが 出来ている。
         ・女性は、上手に 男性から 貢物が あるように
          仕向けている。

15万年前の イブは、どのようにして 今の 人間生活の 基本スタイルを 
作ったのでしょう?
15万年前の イブも、裸のサル みたいな 外見ではなく 今の女性のように 
素敵だった のでしょうか?
体毛は、どうなって いたので しょう?
どういう 偶然が イブを 作ったので しょうか?

現代社会では、女性は 男性の 手助けを 必要と しなくなって きています。
女性だけで、生活可能に なってきて いるという ことです。
イブの 目指した社会の 崩壊なので しょうか? 

----------これは、余談です。----------
女性が、男性を 利用するときに、利用方法は 大きく 分けて 二つあります。
一つは、支配型。
    自分の思うように、操縦しようとします。
    いわゆる「かかあ天下」です。
    でも見た目に、恐い雰囲気かというと、ちがいます。
    でも、でも、支配したいのです。
    精神的に成長し、安定してきて、だんだんと わかってきます。
もう一つは、依存型。
    このタイプは、上手に 守って もらおうと します。
    「亭主関白」と いえるかも しれません。
    「内助の功」なんていうのは、こっちかも しれません。

二つのタイプが、遺伝子に よるものか どうかは わかりません。
ただ、片方の タイプから もう片方のタイプに 
変わることは 無いようです。
印象とすると、生まれた時から 決まってる ようです。
でも、若いときは 区別が 難しいです。
30代後半ぐらいから 表面的に はっきり してきます。

はっきり してくる前の 見分け方は、ここでは ちょっと・・・
知りたい方は、診察のときに 聞いてください。 

目次へ戻る